名古屋のバーチャルオフィスの特徴

近年日本も先進国として目覚ましい発展を遂げています。新たな企業が次つぎと誕生し、今よりももっと日本の経済を良くしていこうと一生懸命です。才能のある人たちが一念発起して、自身の中にある考えやイメージを形にすることで経済を回していこうと、まずは起業して事業をはじめるという行動を起こす人も多くなってきています。しかし、そんな人たちの誰もがいきなり会社を構えられる訳ではありません。会社を持つには多額のお金が必要となりますし、場所を借りるには時間もある程度かかります。そんな時に便利だとされているのが、最近テレビや雑誌などのメディアでも良く見聞きする「バーチャルオフィス」の存在です。これらは東京や名古屋・大阪などといった日本でもとくに栄えているエリアに多く存在しています。では、この新しく起業して事業を始めたい人の役に立つ「バーチャルオフィス」とは一体どのようなものなのでしょうか。

自分で起業して新たな事業をはじめたい人の強い味方

日本の中心地ともいえるとくに栄えた東京や名古屋・大阪などのエリアに多くある「バーチャルオフィス」とは、実際に自分の事業のための業務などを執り行う事務所を構えなくとも、ビジネスをしていくためのサービスを受けることの出来る仕組みを指します。事業をはじめるには、まず業務を行うための事務所を構えます。その事務所を構える場合、当然のことながら「住所」や「電話番号」・「FAX番号」などが必要です。しかし、こうした事務所を持つことが出来るようになるまでには、人によってはいくらか時間がかかってしまうこともあります。そんな時、事業を始めるのに最低限必要となる「住所」や「電話番号」といったサービスや場所を、月々決まった金額さえ払えば手に入れることが出来るのが、このサービスなのです、

メリットもあればデメリットもあります

事業を新たに始めたい人にとっては、とても便利で気軽に利用できる「バーチャルオフィス」ですが、このサービスにはメリットもあればデメリットも存在します。メリットとしては、やはり、実際にオフィスを構えるよりもはるかに安い価格でレンタルすることが出来るという点です。事務所などを構えるには敷金や保証金が必要ですが、住所や電話番号などをレンタルするだけのサービスにかかる金額は安いところで数千円からあり、低コストなのです。また、都心の一等地に会社の住所を持つことが出来るので、利用者からの信用度が高くなる可能性があります。逆にデメリットはというと、法人銀行口座の解説が困難であったり社会保険や雇用保険の申請が困難であったり、その他にもいくつかあります。名古屋エリアで同じレンタルサービスを利用している場合は、他社と住所が重複してしまう可能性も否めません。

2017年5月2日