名古屋のバーチャルオフィスのメリット

名古屋でオフィスを借りるという場合、いまでは色々な選択肢があります。自宅で起業することもできますが、これだと住所が自宅になってしまい顧客からの信頼性が低くなってしまいますし、住所が特定されることで安全性にも問題が出てきます。特に女性の起業家にとっては、自宅の住所が判明するのは避けたいものです。この点、オフィスを借りて起業するのであれば、信頼できる住所のオフィスを借りれば顧客からの信頼性も高まりますし、自宅の住所も判明することはありません。ただし、実体のあるレンタルオフィスを借りるとなるとコストの負担が大きくなってしまいます。こうした問題を踏まえて、コストを抑えながら住所を借りることができるのがバーチャルオフィスです。一等地に住所を構えることも可能です。

スタートアップの際の負担を減らせる

起業したての頃は、色々なことにお金がかかります。業種によって必要なものは異なりますが、自宅でビジネスするのと比べて大きく変わるのが、家賃です。もしレンタルオフィスを借りる場合は、住所だけではなく場所も借りるのでそのぶんのお金が必要です。「自宅でほとんどの作業ができるので、オフィスのワーキングスペースはほとんど使わない」という人にとっては、無駄な費用を家賃に投じていることになります。この点、バーチャルオフィスであれば住所だけ借りて作業自体は自宅ですることが可能です。住所だけ貸してもらえばいいというのであれば、名古屋で信頼できる住所の会社を選ぶといいでしょう。レンタルオフィスだと月に5万円くらいレンタルするためにかかりますが、バーチャルの方は5000円以下で借りられるところもあります。

起業に必要なものはちゃんと揃えられる

レンタルオフィスの方が実体のスペースがあるので安心なイメージがありますが、名古屋のバーチャルオフィスにはレンタルオフィスと同じようなワーキングスペースが設置されているところもあるので、必要に応じて時間貸しなどで使うことが可能です。また、起業するために必要な会社の本店登記をするための住所と、固定電話やFAXの番号も揃えられます。この2つさえあれば、何は無くともとりあえず起業することができます。持ち家ではなく、賃貸マンションやアパートに住んでいる場合は自宅の賃貸物件を登記に使うことができません。住所がないと税務署などからの公的書類が届きません。電話番号が記載されていないと、お客様から怪しいと疑われてしまう可能性があります。これに対して、バーチャルオフィスであれば住所と電話番号という最低限起業の際に必要なものを揃えることができます。

2017年5月2日