名古屋で探すバーチャルオフィス

バーチャルオフィスがあるのは、東京や大阪、名古屋といった人口密度が高い都道府県です。こういう場所にビジネス起点としての住所を持っていると、顧客からの信用が高くなります。レンタルオフィスだとスペース利用料もかかるので負担がかかりますが、バーチャルであれば住所や電話番号だけ貸してもらって利用することができるので月3000円〜5000円程度で利用出来ます。スタートアップや個人事業種は何かとお金がかかるので、オフィスの賃貸料くらいは負担を軽くしたいものです。その際に費用を抑えながら信用度を高くできるオフィス住所を持つことができるのがバーチャルオフィスのメリットです。会社によって利用可能なサービスが異なるので、何が自分の事業にとって必要か考えて選ぶようにしましょう。

取り扱いサービス内容を確認する

名古屋のバーチャルオフィスを探す際は、取り扱っているサービス内容をよく理解してから契約することが大切です。内覧しないで契約したり、内容を確認せずに契約してしまうと、後で不満が出てくる可能性があるからです。例えば、いきなり来客対応が必要になったとします。その時になって初めてビルやオフィスの内装を確認したら、来客対応に使えるような設備がなかったとしたら困るでしょう。他にも、安さだけで選んで後で必要なサービスのオプションをつけたら、他のオフィス利用料よりも高くなってしまうということもあり得ます。自分のビジネスに必要なサービスが受けられて、なおかつ質も一定の水準を満たしているかどうかを確認しておくことが大切です。サービス内容は運営会社によって異なるので、それぞれ比較検討してみましょう。

安易に安ければ良いとは考えないで

「オフィスの住所を借りたいだけだから、バーチャルオフィスの利用料は安ければ安いほどいい」という人は注意が必要です。安いプランでは最低限のサービスしかうけられません。例えば、住所は3000円で借りられるけれども、法人登記には6000円必要ということもあり得ます。打ち合わせのスペースの環境が悪くて、せっかくの顧客の信用を台無しにしてしまうということもあります。これはビジネスではかなり手痛いトラブルです。会議室があると書いてあったけれども、後で確認したらただの小さな部屋だったという場合は後で困ることになります。「名古屋で有名な住所さえ借りられればいいから、安いところを借りる」と安易に考えていると、後で必要なサービスに気づいて高くつくこともあるので、気を付けて選んで有効活用しましょう。

2017年5月2日